どこかを歩いている人のブログ

山登りや旅をしたお出掛け記録など様々な情報を載せてく雑記ブログです

ガスと風雨の伊豆大島・三原山

三原山の火口が見たいということで行ってきた伊豆大島。

日本唯一無一の砂漠も見ることができるということでわくわくしながらのチャレンジ。

結果は波瀾万丈な1日でした。

 

行程

1日目

岡田港→地層断面→三原山→大島温泉ホテル

2日目

大島温泉ホテル→泉津の切通し→海岸遊歩道→大島公園/椿園/動物園→岡田港

 

出航

f:id:nononooooooon:20201110185841j:plain

竹芝港に8時に到着し、チケットを引き換えます。

f:id:nononooooooon:20201110190023j:plain

セブンアイランド結に乗りました。

f:id:nononooooooon:20201110190111j:plain

多少揺れるけれど、激しく揺れることはそこまでない快適走行のジェット船に揺られて伊豆大島へ。

f:id:nononooooooon:20201110190145j:plain

到着は岡田港です。

どの港に着くかはその日にわかります。

f:id:nononooooooon:20201110190314j:plain

増発便もあり客を乗せたら次々に出発していました。

 

まずは地層断面図へ

f:id:nononooooooon:20201110190605j:plain
バスはあるのですが、地層断面を見たあとに三原山登山口へ行くバスがないのでタクシーを利用。

岡田港から元町港を通って更に南の地層断面、バームクーヘンへ。

f:id:nononooooooon:20201110190436j:plain

バス停の看板もバームクーヘンになっています。

f:id:nononooooooon:20201110190631j:plain

タクシーの運転手さん曰く97層あるそうです。

道路の工事で削ったことで寄ってみつかったそうな。

 

続いて三原山山頂口へ

次は山頂口へ向かいます。

途中元町港を通りましたが、タクシーの運転手さん曰く何年か前に台風の土砂災害の被害にあった港らしいのですが、伊豆大島で一番活気ある街です。

天候の関係で船は元町港か岡田港につきますが、朝にならないとわからないそうです。

途中から山に入ります。あたりは木々ばかりになってきます。

伊豆大島は猪や熊はでませんが、キョンや猿は出るそう。

キョンは動物園から逃亡したものたちらしいのですが、真偽不明です

。笑

お話を伺いながらの山頂口までタクシー代約10000円でした。

f:id:nononooooooon:20201110190825j:plain

山頂口についたら歌乃茶屋で腹ごしらえです。

下は天気がよかったのにここは標高が高く、雲に包まれています。

f:id:nononooooooon:20201110191436j:plain

天気が悪いからか人もまばらですが、たくさんの人が利用できる広々とした茶屋でした。

f:id:nononooooooon:20201110191525j:plain

島のりラーメンにしました。

麺も海苔も美味しい!

腹ごしらえしてスタートです。

f:id:nononooooooon:20201110191607j:plain

表砂漠コースから登る予定だったのですが、ガスで数メートルくらいしか視界がないので、舗装されている山頂遊歩道コースに変更。

f:id:nononooooooon:20201110191641j:plain

ここから登っていきお鉢回りをして大島温泉ホテルへ行くコースです。

f:id:nononooooooon:20201110191705j:plain

ガスの中をひたすら40分ほど進んでいきます。

舗装されていて歩きやすい。

f:id:nononooooooon:20201110191752j:plain

展望が望める場所でもガスってて白い世界です。

f:id:nononooooooon:20201110191845j:plain

ところどころに噴火が起きた時に逃げ込むようのシェルターがあります。

f:id:nononooooooon:20201110192002j:plain

山の上にある三原神社に到着。

f:id:nononooooooon:20201110192242j:plain

風は少し強い程度だったので、お鉢回りをするとこにしました。

f:id:nononooooooon:20201110192337j:plain
火口を含め何も見えません。

f:id:nononooooooon:20201110192414j:plain

どうやら中央火口に到着したようですが、

f:id:nononooooooon:20201110192444j:plain

火口は何も見えません。

ここも真っ白な世界。

f:id:nononooooooon:20201110192520j:plain

お鉢回りはまわりに遮るものが無く、風がどんどん強くなり吹き飛ばされそうと思ったことも。

あまりにも強い風が吹いた時は恐怖を感じて柵につかまりました。

レインウェアからはみ出た髪の毛はしけっていて。

雨は砂混じりでした。

下と山頂では気候が全く変わります。

裏砂漠も見下ろせると聞いていたのにそれどころじゃない。

時折雨もふりました。

しんどい。

でもホテルまで歩くしかない。

足元は溶岩の石がじゃりじゃりしていて歩きにくい。

f:id:nononooooooon:20201110192645j:plain

お鉢を回っていると大島温泉への道とぶつかるのでそこから下っていきました。

下っていくと風も止みました。

f:id:nononooooooon:20201110192727j:plain

テキサスコースとの分岐までこんな風景が。

一時ガスも薄れました。

f:id:nononooooooon:20201110195835j:plain

溶岩の岩地帯を抜けると草が沢山。

道は杭が打ってあるのでそれを目印にして歩きます。

道から外れたら迷子になりそうな場所でした。

f:id:nononooooooon:20201110195924j:plain

こもれびもなく霧が立ち込めるトンネルを進みます。

f:id:nononooooooon:20201110195951j:plain

うん、爽やかとは程遠いムーディーな感じだけどこれもいい感じ。

f:id:nononooooooon:20201110200141j:plain

舗装路にでればすぐホテルです。

三原山は再チャレンジ確定かな。

 

大島温泉ホテルへ

f:id:nononooooooon:20201110200237j:plain

大島温泉ホテルへは髪の毛はべちゃべちゃに全身しっとりな状態でのチェックインとなりました。笑

ホテルはどうやら補修工事中のよう。  

f:id:nononooooooon:20201110200304j:plain

HPにもその旨記載がありました。

f:id:nononooooooon:20201110200843j:plain

お部屋はすでに布団が敷いてありました。

f:id:nononooooooon:20201110200332j:plain

そして案の定、部屋の窓は工事の骨組みが。

夜は雨風が強くバタバタなびいてました笑

全体的に昔懐かしい感じのするお宿。

三原山登山の基点にするなら打ってつけです。

f:id:nononooooooon:20201110200421j:plain

お夕飯は自分で揚げるスタイルが面白い椿フォンデュ。

名産の椿油で揚げ物ができます。

f:id:nononooooooon:20201110200441j:plain

5時半から30分刻みで夕飯の時間も選べてありがたい。

f:id:nononooooooon:20201110200730j:plain

夕飯はフォンデュ以外にも煮物など品数盛沢山でした。

宿の予約をするときに椿フォンデュなどメニューを選べます。

大きな宴会場で長テーブルでの食事ですが、お隣のグループとは席間隔が空けられていました。

温泉も本来は三原山を見ながら露天を楽しめたと思うのですが、雨が冷たかったです。

 

少し天気の運に見放されていた1日目。

明日が晴れることを祈ります。

 

アクセス

トラベルロードのGOTOトラベルプラン利用で1人19100円にて大島温泉ホテルとジェット船行き帰りのチケット付き。

竹芝⇔岡田港:約1時間45分

三原山火口へは、各港からバスも出ていますが、本数が少ないので注意。

 

旅行日:2020年11月7,8日

 


旅行・観光ランキング


国内ランキング