どこかを歩いている人のブログ

山登りや旅をしたお出掛け記録など様々な情報を載せてく雑記ブログです

武甲山をひたすら登る

レベルアップをはかりたいと思い、ずっと憧れだった武甲山に登ってきました。

石灰岩を削られてもボロボロになっても堂々とした佇まいで、ずっと登りたかった山にソロで登れて幸せときつさにまみれた山行となりました。

 

コース

f:id:nononooooooon:20200916184738j:plain

表参道コース:一の鳥居→武甲山山頂(1304m)→一の鳥居

自己タイム:約3時間40分

浦山口駅に抜ける橋立コースは、昨年の台風の影響があるとのこで、ピストンにしました。

 

武甲山はきついよ

f:id:nononooooooon:20200916184810j:plain

横瀬駅の秩父ハイヤー乗り場にて、電話をしてタクシーを呼ぶことからスタート。

駅をでると秩父ハイヤーの看板があるのでわかりやすいです。

電話番号も書かれていて親切。

f:id:nononooooooon:20200916184955j:plain

電話先の方は、帰りのタクシーは後で電波つながるところもあるはずだから、そこ見つけて電話すりゃいいよと言っていたけれど、

ん?電波つながるところあるからって、言い方が気になりました。

結構つながらないところ多いのでは?

と思い一緒に帰りも予約。

帰りは一の鳥居に12時30分に予約しました。

5分くらいでタクシーがきました。

f:id:nononooooooon:20200916185332j:plain

タクシーがどんどん高度を上げて登っていくのですが、

はじめはセメント工場をいくつか通り過ぎて行きます。

次にガタガタの山道でやっと一の鳥居でした。 

去年の台風のせいで道がやられ今直している最中とのことです。

f:id:nononooooooon:20200916185411j:plain

鳥居を過ぎると駐車場です。

運転手さん遠くまでありがとうございます。

歩くと2時間はかかるそうなのでタクシーにして良かったです。

2200円ほどでした。

仮説トイレに入り、準備運動をして登りはじめます。

8時30分頃出発しました。

f:id:nononooooooon:20200916185450j:plain

登山届けがあるのですが、その上には熊出没の注意書きがあります。

もはや熊に襲うなとお願いしていますね。

人間としても熊に襲われたくないけど、山に登りたいので必死です。

f:id:nononooooooon:20200916185527j:plain

途中途中に丁目と書かれた石が置かれています。

f:id:nononooooooon:20200916190138j:plain

出発地点が1丁目で頂上の神社が53丁目。

そう思うと果てしない気持ちになります。

f:id:nononooooooon:20200916190451j:plain

最初は川沿いに舗装された道を登っていきます。 

f:id:nononooooooon:20200916190536j:plain

やがて、カフェなどを通り過ぎていきすが、

どうやらカフェは平日お休みのようです。

残念。

途中ロープが貼られているエリアに廃屋らしきところを通るのですが、冷蔵庫などの廃棄物が散乱していて、足元には割れたガラスの破片もあるので要注意です。

台風被害の為に迂回路が設定されていたりしました。

30分ほどで不動滝に到着です。

f:id:nononooooooon:20200916190610j:plain

滝の手前にはこういう橋もあり、楽しいです。

f:id:nononooooooon:20200916190647j:plain

隙間から下が見えて面白いです。

f:id:nononooooooon:20200916190719j:plain

滝には、飲めるようでコップ置いてありました。

頂上のトイレがこちらの汲み上げの水を使用しているらしく大きなボトルに水が入っていて、ボランティアで運んでとのことでした。

私は体力が不安でやめました。

いつかチャレンジしたいです。

f:id:nononooooooon:20200916190836j:plain

そして登っていきます。

ひたすら地道に登ります。

緩いのぼりきつい登り。

きつい。

平坦なところは一瞬でほぼ登り。

本当に登り。

コロナの活動自粛で運動を怠ったことが如実に現れているのがつらい。

思えば標高550弱から1300近くまで登って行くので、私が登ってきた中では結構な標高差でした。

f:id:nononooooooon:20200916191039j:plain

ぶれぶれですが、途中で沢山カエルに出会いました。

大きい子から小さい子まで。

頭がオレンジの可愛いヘビもにょろにょろしていました。

f:id:nononooooooon:20200916191120j:plain

大杉の広場に到着。

やっとやっとベンチがありました。

座って少し休憩したら歩きます。

f:id:nononooooooon:20200916191151j:plain

山頂まで60分とありますが、そこまではかからなかったです。

f:id:nononooooooon:20200916191222j:plain

まだまだ登りは続きますが、苔むした杉が綺麗なのが救い。

f:id:nononooooooon:20200916195011j:plain

頂上近くなると石灰岩らしきものでゴロゴロしてきます。

ここでようやく人とすれ違います。

今日は人が少ないそうです。

 

山頂と下山

f:id:nononooooooon:20200916195038j:plain

頂上の神社。

やっとたどり着きました。

裏手の展望台が頂上です。

f:id:nononooooooon:20200916195230j:plain

山頂は10人も人が入れば混んでるなと思ってしまうぐらいの広さ。

雲で何も見えませんでした。

下を覗けば採掘場のむき出しの石灰岩が見えるかと思いましたが雲。

秩父の街も雲。

f:id:nononooooooon:20200916195306j:plain

見晴らしは次回登った時に期待です。

f:id:nononooooooon:20200916195338j:plain

帰りは登ったところを折り返すだけ。

サクサク進めました。

f:id:nononooooooon:20200916195423j:plain

帰りは苔を眺めたりする余裕がありました。

f:id:nononooooooon:20200916195458j:plain

栗の小さいイガイガも落ちていて可愛い。

一の鳥居の駐車場はもうすぐです。

帰りのタクシーは一の鳥居に12時30分に予約。

余裕を持って帰り着くことができました。

お土産を物色したいため帰りはタクシーを西武秩父駅に。

タクシー代は3500円ほどかかりました。

f:id:nononooooooon:20200916195541j:plain

秩父駅から見た武甲山は、山頂が雲に覆われていました。

秩父駅には、温泉もそれに隣接したフードコートもお土産屋さんもあって楽しめます。

f:id:nononooooooon:20200916195609j:plain

帰りは特急に乗り楽々帰宅でした。

 

きついけど、登った充実感がものすごい。

秩父のシンボルに登れる幸せを噛みしめました。

ありがとう武甲山。

採掘されて半身がどんどん削られても格好いいと思うその姿。

その削られた石灰が秩父を支えているんだね。

ずっと威風堂々とした佇まいでいて欲しい。

しみじみ。

 

アクセス

行き

横瀬駅よりタクシーにて一の鳥居

帰り

タクシーにて西武秩父駅

 

活動日:2020年9月10日

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング