どこかを歩いている人のブログ

山登りや旅をしたお出掛け記録など様々な情報を載せてく雑記ブログです

三浦半島最高峰の大楠山へ行く

大楠山三浦半島の1番高い山で標高は、241.3mあり、頂上からは富士山や房総半島などワイドビューを楽しむことができます。

ハイキングコースもいくつかあり自分にあったコースで歩くことができるんです。

2020年1月に歩いたお話をします!

 

アクセス&コース

コースにバリエーションがあり、

湘南国際村コース

・前田橋コース

・大楠芦名口コース

・塚山・阿部倉コース

・衣笠コース

のコースがあり、コースによって長さが異なり1番短い湘南国際村コースで約40分、最も時間のかかる塚山・阿部倉コースではJR田浦駅スタートで約155分かかります。

登りと下りのコースを変えれば違う風景を楽しめますよ!

(サイトに寄ってはコース名やタイムが違う場合もありますのでご了承下さい。)


行きはJR衣笠駅から衣笠公園を通る衣笠コース帰りは前田川遊歩道を歩いていく前田橋コースにしました。

私のコースは、

JR衣笠駅→(衣笠十字路よりバス)→衣笠城址衣笠山→立石公園→(バス)→JR衣笠駅

でした。



衣笠山山頂へ

JR衣笠駅から出発です。

京急線を利用される方は、塚山・阿部倉コースもオススメです。

京急安針塚逸見駅からスタートできます。

さて、衣笠駅からは京浜急行バス「衣笠公園バス停」下車で衣笠山公園内を行き山頂にたどり着くには徒歩140分ほど。

余裕があれば駅から歩いても行けますし、バスの本数も種類も沢山ありますので、衣笠山公園をパスしたい方は衣笠城址までバスで行くこともできるんです。

10時過ぎに出発したのですが、時短のため私は公園をパスして衣笠城址から出発しました。

衣笠城址へは衣笠駅から少し歩いた衣笠十字路からバスで約5分です。

私が行った1月は、通行止めのため迂回路を行きました。

道標がなくわかりにくいポイントもあったため、GPSや地図必須です。

舗装された道を歩き、畑や道路横を通っていきます。

横浜横須賀道路をくぐりお手洗いがあるポイントにたどり着ければ通常のコースに入り,

登山道となります。

f:id:nononooooooon:20200507111028j:plain

階段もありますが、きついということはなかったです。

途中からゴルフ場のフェンスの横を歩いて行きます。

f:id:nononooooooon:20200507111148j:plain

ゴルフ場横を抜けて少し行けば頂上です。

f:id:nononooooooon:20200507111205j:plain

広場もあり、カップラーメン等軽食を売るお店もあります。

f:id:nononooooooon:20200507111238j:plain

ベンチで座って休憩をしている方が多くいました。

ゆっくりランチを楽しむことができるスペースがあります。

f:id:nononooooooon:20200507111301j:plain

こちらは螺旋階段の展望台からの眺めです。

山頂の広場を見下ろすことができました。

f:id:nononooooooon:20200507111327j:plain

海が綺麗!

頂上から海が見える山大好きです。

天気がいいと、太陽の光で海がキラキラ輝いて見えます。

f:id:nononooooooon:20200507111349j:plain

すぐ近くに大楠平が見えました。

下りで通るびですが、ここにはお手洗いもあります。

 

下り

f:id:nononooooooon:20200507111455j:plain
下りは、前田橋コースです。

山頂から70分ほどで前田橋バス停にたどり着きます。

f:id:nononooooooon:20200507111517j:plain

このコースの魅力は最後に川歩きができることです。

前田川の飛び石の上や横の道を歩いて行くことができました。

 

立石公園に立ち寄る

f:id:nononooooooon:20200507111636j:plain
せっかくだから海を間近で見ようと、前田橋バス停から道路を歩いて立石公園まで行きました。

f:id:nononooooooon:20200507111701j:plain

この立石という岩と夕陽が有名なんです。

f:id:nononooooooon:20200507111725j:plain

夕陽を見ようと夕方になると駐車場に車がどんどん入ってきていました。

カップル率がどんどん上がっていきます。

本当に絶景!!!

ダイナミックな波の音を聞いているとあっという間に時間が過ぎ去っていきます。

立石公園のすぐ近くにも「立石」バス停があり、そこからバスに乗り衣笠駅へと帰ったのでした。

 

海も山も楽しめるハイキング、低山でも侮れない絶景を見て、三浦半島を満喫することができます!

 

  


トレッキングランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村